二松學舍大学 大学案内2017
31/84

中国語専攻文学部 中国文学科古代から現代に至る中国文化に触れながら、国際社会で活かせる中国語を習得する。実践を重視した授業で、初級から上級へと段階的に中国語を学ぶ4年間。実用中国語の習得を目指し、国際社会で活躍できる力を養います。和田 紗代子さん中国文学科中国語専攻4年次生流通経済大学附属柏高等学校 出身「聞く」「話す」「読む」「書く」という語学の4要素を、偏りなく学べるカリキュラム。リスニングや会話の授業は中国語を母国語とする教員が担当し、生きた語学を体感できます。1中国語の4つのスキルをバランス良く身につける。中国文学科に位置づけられる本専攻では、授業で中国の古典文献に触れる機会も。専攻科目やゼミナールでは、現代中国語だけでなく、古代中国語についても学ぶことができます。2現代中国語だけでなく古代の中国語にも触れる。3留学や検定試験でさらに実力を伸ばす。短期海外留学や、北京大学・中国文化大学への長期留学をバックアップ。1年次修了時に中国語検定試験3級に合格する人や、卒業後数年で通訳試験に合格する人もいます。中国語中級会話①二松學舍大学を選んだのは、公務員試験対策講座が充実していることと中国語をじっくり学べる環境があったからです。現在は、ゼミナールを中心に中国語の読解、発音、リスニング力を徹底的に鍛えています。身についてきた文法の知識を活かして、中国語の小説の翻訳にもチャレンジしています。将来は公務員を志望しているので、「ビジネス中国語」という授業は経済やビジネスの知識も一緒に学べるのでうれしいです。中国語専攻の特長よくある場面や話題、覚えやすいセンテンス等を盛り込んだ教材を使用し、音読、暗唱、応用会話の学習を行います。中国旅行の基本フレーズの習得と在日中国人との日常会話レベルを目指します。すぐに使える中国語を学ぶ。検定試験合格を目指す。中国語を将来社会で活かしていく。中国語中級表現①中国語検定試験3級問題によく出る介詞、接続詞・副詞等、語彙の使い方を中心に、文章読解・作文練習を行い、中国語の理解度の向上と、正確に中国語で作文できるようになることを目的とした授業です。ビジネス中国語①ビジネスの基礎知識、国際貿易の基本知識を学びます。経済と法律の基礎知識も取り入れた講読、ケース・スタディ、会話を行い、中国語でビジネスをするために必要な知識と語学力を身につけます。PICK UP授業今の目標は、中国語検定2級合格。※これらの授業は2015年度に開講されたもので、授業内容等を変更する場合があります。中国語は漢字を見るだけで何となく意味は分かります。しかし、いざリスニングやスピーキングになるととてもハードルが高くなります。そのため中級会話の授業ではまず私の真似をしながら学生に発音してもらい、会話文になると内容を確認した上でスラスラ言えるように練習します。中国語には日本語にない母音と子音そして声調がありますが、会話力を高めるには恐れずに言うことが大事です。そして読解の授業では中国社会の現在の様子を文章で読み解きます。中国と日本は隣同士。お互い会話をしないとどんどんすれ違ってしまいます。日本の学生が中国語を学ぶ意義は、日本の考え方や文化をきちんと中国語で発信することで、日本を知らない隣人の中国人たちに日本を知ってもらうことでもあるのです。中国語で発信し、日本を知ってもらう。文学部張 佩茹 専任講師 【専門分野】中国語学、中国語教育実践で中国語のリズムをつかむ「中国語中級会話①」文学部中国語専攻29

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る