上智大学 大学案内2017
93/164

「ことば」を中心に据えた学問で「知」を切り拓く外国語学部とはFaculty of Foreign Studies、直訳すれば外国研究学部です。実践的な「ことば」のトレーニングによって体得した外国語運用能力を武器に、グローバル社会が求める新しい「知」を切り拓きます。日本人としての自覚と世界への深い理解を持ち、地域研究で体得した立体的な視野を持つ国際人を養成します。言語運用能力と専門分野の融合で多角的な研究を行う単なる「語学」にとどまらず、的確な運用能力を駆使して言語学や地域研究を体系的に学んでいきます。さらにはグローバルな問題とも関連づけて研究を掘り下げていくこともできます。そのため外国語学部生は、2年次秋学期末に9つの「研究コース」から1つを選択・登録し、自分の関心領域に関する専門研究を推進していきます。これを通じて、知識の獲得だけでなく、ものごとから問題を発見する能力、そしてそれを解決する能力を養うことを目指します。留学ガイド Webサイト: dept.sophia.ac.jp/fs/international/ryugaku/外国語学部 Webサイト:dept.sophia.ac.jp/fs/英語・専攻語版ページ:dept.sophia.ac.jp/fs/en/演習(ラ米経済)2「3言語×3視座」を身に付け、世界規模で人を、地域をつないでいく人物に複合的なグローバル・コンピテンシー(グローバル対応能力)の育成「読む、聞く、書く、話す」の的確な言語運用能力を身に付け、言語圏の文化、政治、経済、国際関係などを踏まえて自分の専攻分野を絞り込んで行きます。3つの視座を得るためには、3言語の運用能力が不可欠なのです。3言語自己と他者とグローバルな協調3視座 専攻語(英語学科は 他の外国語)グローバル化する世界対象地域日本英語日本語92

元のページ 

page 93

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です