上智大学 大学案内2017
7/164

上智大学はさまざまな改革を同時並行で進めています。すべてをご紹介することはできませんが、現在進行形で動いている改革を通して、上智はどんな大学なのか、そして、このキャンパスで学ぶ学生に、どんな環境、機会を提供しようとしているのかについての理解を少しでも深めていただければ、と考えます。大きなテーマとしては、この四谷キャンパスを、世界の「知のハブ」としてさらに充実させることです。ハブとはさまざまなネットワークの中心、結節点という意味ですが、日本と世界のさまざまな地域から学生、研究者が集まり、それぞれの課題に取り組むと同時に専門領域、文化、言語の壁を越えて交流する場でありたいということです。具体的には、英語による授業を拡充しています。もともとすべての授業を英語で行う国際教養学部があることはご存知だろうと思いますが、他の学部でも英語による講義、コースをスタートさせています。これは留学生のためだけのものではなく、日本の学生の専門知と実践的な英語力を同時に高めることも目的にしています。留学制度については、すでに世界の約270の高等教育機関と提携していますが、さらにASEAN諸国の大学とのプログラムも始まっており、中南米諸国の大学とのプログラムも具体化しつつあります。今後は、インド、中東、アフリカ地域の高等教育機関との連携を深め、活発な交流を図っていく予定です。さまざまな改革は、上智がその教育精神であるMen and Women for Others, with Othersを今以上に体現する大学に進化するために必要なものです。世界の知を高度に集積する四谷キャンパスは、さまざまなかたちで世界の他者に貢献しようとする人々の共同体でもあるべきだからです。学長からのメッセージ上智大学は国際通用性を強く意識した教育・研究を展開しています ※いずれも文部科学省プロジェクト●「スーパーグローバル大学創成支援事業(グローバル化牽引型)」構想名:「多層的ハブ機能を有するグローバルキャンパスの創成と支援ガバナンスの確立」本事業は日本の高等教育の国際競争力を向上させるために、徹底した国際化を進め、世界レベルの教育研究を行う大学に対し、制度改革と組み合わせ重点支援を行うことを目的としたものです。本学では、入試制度、カリキュラム、留学プログラムの拡充・多様化や留学生交流の促進による多種多様な学びの環境作りとそれを支える教職員のグローバル化を進め、世界と繋がるグローバルキャンパスの創成に取り組んでいます。●「大学の世界展開力強化事業~海外との戦略的高等教育連携支援~」構想名:「多様性の調和を目指す学融合型の人間開発教育プログラム」本プログラムを「Sophia AIMSプログラム(SAIMS)」と名付け、東南アジアと日本の学生が共に学びグローバルな課題に挑戦する場を創るとともに、新たな国際高等教育モデルの構築を通してASEAN諸国と日本の連携を強化しています。学生達は講義やフィールドワーク、ゼミナールのほか1学期間の短期留学を通じ、お互いに交流し学んでいます。 ●「大学の世界展開力強化事業~中南米等の大学間交流形成支援~」構想名:「人の移動と共生における調和と人間の尊厳を追求する課題解決型の教育交流プログラム」キリスト教カトリックの精神を基盤とする上智大学・南山大学・上智大学短期大学部の3大学が連携して構想し、採択されました。3大学は中南米諸国と学生交換、学術交流、共同研究活動を行うなど、かねてより連携協力してきました。アクティブ・ラーニング・プログラムの開発やインターンシップ、フィールドトリップの提供などを通じ、高等教育連携交流モデルの確立を目指しています。 上智大学 学長 The President of Sophia University 理工学部 教授 Professor, Faculty of Science and Technology早下 士 Takashi Hayashita1958年宮崎県生まれ。専門は分析化学。1980年九州大学工学部卒業。82年同大学院工学研究科修士課程修了。85年同研究科博士課程修了。工学博士(九州大学)。神奈川大学工学部助手、米国テキサス工科大学博士研究員、佐賀大学理工学部助教授、東北大学大学院理学研究科助教授、上智大学理工学部教授を経て、2010年理工学部長、2014年上智大学学長に就任。Professor Hayashita was born in the Miyazaki Prefecture in 1958, and his expertise lies in analytical chemistry. After obtaining a bachelor’s degree at Kyushu University’s Faculty of Engineering in 1980, he continued in the graduate school of Engineering of the same university to earn a Master’s degree in 1982, followed by a doctorate in 1985. After working as a research associate in Kanagawa University’s Faculty of Engineering, he spent time at Texas Tech University as a post doctoral fellow. Following associate posts as professor in the Faculty of Science and Technology at Saga University and the Graduate School of Science at Tohoku University, he joined Sophia University as a professor in the Faculty of Science and Technology, and began serving as Dean of the Faculty of Science and Technology in 2010. In 2014, he became the President of Sophia University. Sophia University concurrently promotes numerous reforms. We cannot introduce them all, but we desire that you grasp as much as possible as to what Sophia is like, and what environments and opportunities are provided to students at the campus through our ongoing reforms. Our principal object is to further enhance the Yotsuya campus as a “hub of knowledge” across the world. The word hub means a center of networks or a junction. We desire students and professors to gather from diverse parts of Japan and overseas in order to address challenges, but at the same time the campus is also meant to provide an occasion for exchange regardless of barriers, either cultural, linguistic, or of expertise. Specifically, we are reinforcing the English courses. Courses are all taught in English at the Faculty of Liberal Arts, and we have begun English courses in other faculties as well. These are meant not just for foreign but also local students, in order that they may develop their English skills. As regards programs for studying abroad, we have contracts with about 270 universities, and besides the Sophia-ASEAN International Mobility for students has begun, and the Sophia-Nanzan Latin America Program is being implemented. Moving forward, we intend bolstering cooperation with institutions in India, the Middle East and Africa, and engage in active exchange. Various reforms are required to enable Sophia to function as a university embodying the educational philosophy of “Men and Women for Others, with Others,” and besides, the Yotsuya campus where global knowledge is accumulated, should be a community of people who strive to contribute to others the world over in different ways. 6

元のページ 

page 7

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です