上智大学 大学案内2017
53/164

福沢 美慧子(3年)高校生だった私へ。受験生の頃はとにかく受験勉強で頭がいっぱいで、ただひたすら勉強ばかりしていましたね。合格できるのか心配で、今自分がやっていることが正しいのかどうかも分からなかった。なかなか成績が伸びずに悩んで、途中で勉強をやめたいと思うときもたくさんありました。でも、「大学受験」は私にとって夢に向かって頑張れる最高の機会でした。ただ合格を目指してやみくもに勉強するものではなくて、夢や目標を見つけ、それに向かって努力することが「大学受験」だということを高校生の私は教えてくれました。将来を見据えた努力があったからこそ、今の私があります。今の私は、たくさんの友達に囲まれた楽しいキャンパスライフを送り、将来の夢である社会科教師になるための教職を大好きな歴史と共に学ぶことができ、少しずつではあるけれど自分の夢に向かって頑張ることができています。高校生だった私がしっかりと努力をしてくれたからこそ得られることばかりです。本当にありがとう。だから、この先もあきらめずにしっかりと将来を見据えて努力し続けてください。明るい未来がきっと待っています。科目紹介■古文書学概論日本史研究に不可欠な古文書学の入門編。古文書学の成立史や、古文書の定義、古文書の形態・機能・様式など、古文書の基礎知識を習得します。■日本史特講(日欧交渉史)戦国時代から江戸時代初期の日欧交渉の歴史。特に宗教文化に注目し、キリスト教の移入、仏教との競合関係、民衆の動向などを探ります。■東洋史概説Ⅱ高校教科書の中国史部分を俎上にのせ、歴史研究の立場から見るとどんな問題点があるのかを探る、高校レベルの「正解」を批判的に見る訓練をしています。■東洋史特講(朝鮮伝統社会と儒教倫理)朝鮮王朝の政治・社会・思想についての講義。韓国で「伝統的」とみなされている儒教倫理が、どのような過程で定着したのかを考察します。■西洋美術史西洋古代末期からルネサンスにかけての美術史。古典の規範とは異なる中世の造形表現の展開をスライド・ビデオ等も活用して講義します。■原書講読演習各西洋史教員による文献講読。英語・フランス語・ドイツ語などで書かれた歴史書を読み、西洋史の基礎知識を学ぶとともに、語学力を高めます。■日本史特講(太平洋国際関係史)日本が開国以後、太平洋戦争期まで、太平洋をはさんだ隣国―米国といかなる外交を展開し合い、そこにいかなる特質・問題点があったかを考察します。■東洋史特講(中国古代中世史)中国史上の一大変革期である唐宋時代に社会はどう変化したかをさまざまなテーマ(在地有力者問題、家族史など)の下に考察します。■西洋史特講(近現代政治社会史)年毎に特定のテーマを追究していますが、昨年は、20世紀の新現象であるナチズムが、当時から現在までどのように解釈されてきたかを論じました。教授 井上 茂子ナチ・ドイツ時代を中心に国民統合政策の特徴などを研究教授 大澤 正昭中国(唐・宋)社会の諸側面を研究し、社会構造の質的変化を探る教授 川村 信三日本戦国期から近世初期にかけての宗教と社会の関係などを研究教授 笹川 裕史中華民国、中華人民共和国の社会史を研究教授 豊田 浩志初期キリスト教史とローマ帝国の相互関係の実態を研究教授 長田 彰文日本外交史、アジア太平洋国際政治史の研究教授 山内 弘一朝鮮王朝史、儒教を研究。特に朝鮮王朝の戸籍や身分制度などを分析准教授 児嶋 由枝中世・ルネサンス美術史、中世都市国家と修道会の文化などを研究准教授 坂野 正則フランス近世の宗教史・社会史を研究准教授 中澤 克昭日本中世史の研究准教授 北條 勝貴日本古代史の研究を通して、自然との融和や列島文化を解明「日本史演習(古代史)」 北條 勝貴 准教授教員・研究分野笹川 裕史 教授 大学で学ぶ歴史学は、高校までの「日本史」や「世界史」とは相当異なっています。まず無味乾燥な「暗記」競争から君たちを解放してくれます。「暗記」に替わって、そこで求められることは、過去の研究成果と対話しながら問題意識をつちかい、多様な史料を解読しながら論理を組み立て、自分なりの歴史像を紡ぎだす作業です。それはそれで骨の折れる地道な作業ですが、新たな発見と刺激に満ちた魅力的な世界です。本来、過去の人間や社会の営みは複雑な多面体であって、どこに光を当てるかによって、全く違った姿をみせてくれます。そこには、現代社会を批判的にとらえなおし、将来に向けた教訓や知恵を引き出す材料と手がかりが豊富に眠っています。そうした世界の探索に、君たちも私たちと一緒に足を踏み入れてみませんか。すぐに役立つお手軽な知識やノウハウとは無縁ですが、きっと不安と混迷だらけの現代社会を賢くしたたかに生き抜く力が目に見えない形で身に付くはずです。大学で学ぶ歴史学とは神学部文学部総合人間科学部法学部経済学部外国語学部総合グローバル学部国際教養学部理工学部短期大学部大学院上智社会福祉専門学校52

元のページ 

page 53

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です