上智大学 大学案内2017
51/164

科目紹介 ※は哲学科基幹科目■哲学入門日常生活では冬眠中の哲学的根本問題を、今日の精神状況において始動せしめる諸テーマとして精選し、哲学の導入授業を試みる。グループ発表も行う。(哲学科初年次教育科目)■哲学演習Ⅰ哲学的探求に必要な思索や表現の方法・基礎的な概念や知識・対話的コミュニケーション能力や討議能力・哲学の古典の読解力など、哲学の基礎をゼミナール形式で学ぶ。(哲学科初年次教育科目)■哲学演習Ⅱ哲学思想・倫理・芸術文化の三系列の中から学生が主体的に一つ選び、哲学演習Ⅰの発展的演習および専門的研究への橋渡しとなる演習(読解・プレゼンテーション・ディスカッション・レポート作成)を行う。■古代哲学史 ※「哲学」という独特の知はいかにして生まれたのか。科学・宗教・神話とも比較しながら、古代ギリシアの哲人たちの思考の軌跡をたどる。■中世哲学史 ※キリスト教古代および中世哲学(2世紀から16世紀)の主要な思想家の思惟を、当時の社会・教育・宗教・文化的状況を踏まえた上で概観する。■近世哲学史 ※13世紀から19世紀末までの、ヨーロッパ哲学思想を、できるだけ多く取り上げて概観的に論じる中で、近代哲学のあり方についても考える。■形而上学 ※存在するものにおける存在の問いを主題として成立した西洋哲学に固有な思惟の体系を、伝統的な理論展開と今日的な問題状況から解明する。■倫理学 ※倫理学(道徳哲学)の諸理論を学びつつ、善・悪、正・不正、よき生をめぐる思索を深めるとともに、現代社会が直面する倫理的諸問題を考察する。■美学 ※西洋哲学の古典的思想に基づきつつ、美と芸術と感性を主題とした哲学的思索の成果を、通時的史的な視点および共時的普遍的な視点から考察する。教授 大橋 容一郎近現代ヨーロッパ哲学、特にカントおよび新カント学派について研究教授 荻野 弘之古代ギリシア哲学を中心に、プラトンからストア派にいたる思想を研究教授 佐藤 直子中世神秘主義と近代の超越論哲学の関係などを研究教授 田中 裕プロセス哲学と西田哲学および仏教とキリスト教の宗教間対話を研究教授 寺田 俊郎近現代の実践哲学、臨床哲学、対話の哲学、Global Ethicsなどを研究教授 長町 裕司東西の宗教哲学とともにドイツの近現代哲学を重点的に研究准教授 鈴木 伸国近代ヨーロッパ哲学、特にフィヒテおよびドイツ観念論について研究寺田 俊郎 教授 「哲学」と聞くと、多くの人がプラトン、デカルト、カントなどの大哲学者の名前と、彼らが残した『ソクラテスの弁明』、『方法序説』、『純粋理性批判』などの名作とを、思い浮かべるだろう。偉大な哲学者の思想を学び、彼らの作品を読解することを学ぶこと―学問としての哲学―は哲学科での勉強の大切な部分である。みなさんのなかには、そのような勉強に憧れている人も少なくないだろう。 しかし、哲学は学問に尽きるわけではない。哲学とは、もともと誰もが生きるなかで出会う切実な問いを、自分で考え、他の人と共に考え、答えを探していくという、生活に根差した営みである。そういう問いを、ゆっくり、じっくり考えること―生活としての哲学―が、学問としての哲学の根底にもある。みなさんのなかには、そのような哲学の原初の姿に魅かれる人もいることだろう。 哲学に入門するには、これら二つの道のどちらを通ってもよい。しかし、哲学科で学ぶ最終目標は、これら二つの道を一つにつなぐことだ。哲学科に入ったからには、ぜひこれら二つの道を一つにつなげてほしい。その道が続いて行く先には、言うまでもなく、最上の智恵(Sophia)がある。学問としての哲学と生活としての哲学「哲学演習Ⅰ」 大橋 容一郎 教授教員・研究分野秋葉 翔矢(2015年度卒業)「自分が存在している意味とは何か?」という問いが頭から離れなくなってしまったあなたは、この問いが哲学的な問いであることを知って、即座に大学で哲学を学ぼうと決意しましたね。周りから「哲学を学んで将来どうするのか?」と言われても、「それは大学4年の自分が何とかしてくれるでしょ!」と解答を先延ばしにすることで、決意を変えずに済んでいると思います。あなたが解答を先延ばしにしたことで、私はまた周りから「将来どうするのか?」と言われる羽目になり、思い悩むことになりましたが、あなたの決意が間違っていたとは思っていませんし、むしろあなたの決意に感謝しています。事実、自分の存在の意味以外にもあなたが本当に知りたいと思っていた問題の多くが哲学的問題でしたし、それらの哲学的問題を未熟なりにも哲学することができたこの4年間は、かけがえのないものでした。なので、自分の決意に自信を持ってください! あなたが本当に知りたいことを深く考えていくこれからのためにも。神学部文学部総合人間科学部法学部経済学部外国語学部総合グローバル学部国際教養学部理工学部短期大学部大学院上智社会福祉専門学校50

元のページ 

page 51

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です