上智大学 大学案内2017
50/164

1年次2年次3年次4年次●哲学入門 ●古代哲学史ドイツ語・ラテン語・フランス語・英語*1ドイツ語Ⅱ・ラテン語Ⅱ・フランス語Ⅱドイツ語・ラテン語・フランス語*2全系列哲学思想系列倫理学系列芸術文化系列●哲学演習Ⅰ●哲学演習Ⅱ(哲学思想)●哲学演習Ⅱ(倫理)●哲学演習Ⅱ(芸術文化)●ギリシア語Ⅰ~Ⅳ ●演習文献講読Ⅰ~Ⅳ ●政治哲学 ●社会哲学 ●科学基礎論●仏教思想 ●現代論理学 ●東洋思想 ●哲学史・形而上学・倫理学・芸術学各研究演習 など●美学●論理学 ●現代哲学 ●自然哲学●西洋倫理思想史 ●応用倫理学●キリスト教思想史 ●宗教哲学 ●芸術学●形而上学●倫理学●自然神学 ●認識論 ●人間論 ●科学と宗教 ●現代哲学史文献講読(英語2年用)●中世哲学史 ●近世哲学史全学共通科目(P.21参照)●卒業論文●文献講読横断型人文学プログラム(共通基礎科目/個別選択科目/プロジェクト・ゼミ)、教職課程科目、他学部他学科科目 など●必修科目 ●選択必修科目 ●選択科目*1 第1外国語として、いずれかを選択。 *2 第1外国語以外から  第2外国語を選択。哲学科オリジナルWebサイト:dept.sophia.ac.jp/human/philosophy/※科目の詳細については、上智大学Webサイトのシラバスをご覧ください。カリキュラムの特徴・履修科目入学後はまず、少人数の演習「哲学演習Ⅰ」「哲学入門」などの基礎的な初年次教育科目を履修します。並行して第1外国語(ドイツ語・ラテン語・フランス語・英語)と、第2外国語(ドイツ語・ラテン語・フランス語)を選択し、外国語能力を鍛えます。2年次には〈哲学思想〉〈倫理〉〈芸術文化〉のいずれかの系列を選択し、「哲学演習Ⅱ」をはじめ、基礎専門科目を履修しますが、他系列の専門科目の履修も可能です。1年次から4年次まで、少人数での演習や文献講読の科目が多くあり、いずれも「自力で考え、表現し、他の人々と共に考える」能力を養うために、集中的な指導を行い、4年次で卒業論文を完成させます。教育方針本学科は、大学創立と同時に創設された、本学でもっとも歴史と伝統のある学科です。また、上智大学の建学精神である「上智(知恵)への愛」すなわちフィロソフィア(哲学)を代表する学科でもあります。哲学の理念は、そこで学ぶ人々それぞれの人格の尊厳を大切にします。本学科にはさまざまな個性や信条を持った人々が集まり、それぞれが「自らの力で考え、表現し、他の人々と共に考える」能力を養うことで人格的に成長し、自己実現を目指します。知恵に向かう人々の努力を支え、その人格的な成長をうながすことが、本学科の使命です。このため少人数の厳格な体系的教育を徹底させています。この教育方針に従って、出版・ジャーナリズム・芸術・政治・宗教などの分野で活躍する人々、国内外の大学の研究者や小・中・高等学校の教員など、多くの指導的人物を輩出しています。哲学科古代ギリシアから中世キリスト教世界、そして近現代に至る哲学・思想を研究し、思考力・理解力・表現力を鍛える男子133人女子175人設置年:1913年 教員数:7人学生数:308人49

元のページ 

page 50

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です