上智大学 大学案内2017
5/164

ローマ教皇フランシスコは2015年の回勅で、地球環境の危機は環境技術だけで解決できる問題ではなく、世界の政治、経済、社会の各分野において軌道修正が強く求められている、というメッセージを世界に送りました。そして、それは世界の人々の思考と行動が変化しなければ実現できない。つまり、人間自身が変わらなければ、世界も変わらないという見解を示しました。でも、そう言えるのは環境問題だけでしょうか?世界はさまざまな難問に直面しており、そのどれもが、ひとつの領域、ひとつの方法だけでは乗り越えられない複雑な構造を持っています。大学という場所は、皆さん一人ひとりが、そのような大きな問いに取り組むために存在している、と言ってもいいでしょう。学問の各分野に蓄積された専門知を身に付けることはもちろん大切ですが、「教育」の本質は、4世紀に活躍した聖アウグスティヌスが説いたように、知識の伝達にとどまってはならず、考える力を鍛え、増幅することこそ重要です。「考える力を増幅する」とは、大きな問いに向き合い、さまざまな知識を動員し新たな論理を組み立て、それまでの自分とその世界の見方を再構成し、更新していくことに他なりません。つまり、自分自身を変えていくことです。Men and Women for Others, with Othersという上智の教育精神は、そのように自らを変革しながら獲得されるべき新しい世界が、他者に開かれており、他者と共有できるものであることを求めているのです。上智を志望する皆さんには、それぞれの志があることでしょう。志を実現するためには、自分の現在の思考力では歯が立たないと思われる課題と向き合うことになるのを、どうか恐れないでください。そして、その課題と格闘する過程で、自分自身が変わることを恐れないでください。上智大学もまた、皆さんに、より優れた教育環境を提供できるよう、さまざまな自己変革に絶え間なく取り組み続けております。In his encyclical of 2015 His Holiness Pope Francis released a message to the world, stating that the crisis of the global environment required that we seek solutions not just in environmental technology, but in an alteration of the existing reality as well, namely in political, economic, and social spheres around the globe. He expressed the view that this could not be achieved without changing the thought and action of human beings. That is to say, the world will never change unless there is a change in human beings as well. Does this concept apply merely to environmental issues? The world confronts various thorny challenges, all having an intricate structure that cannot be overcome by merely tackling them in a single field or manner. Universities are meant to inspire you to tackle such issues, but it is also vital that you attain an expertise in diverse academic fields. As Saint Augustine who was born in the fourth century declared, the essence of education should be found in the expansion of the ability of thought, beyond the transmission of knowledge. The expansion of one’s thinking ability implies that you face big issues, unite together diverse forms of knowledge, build up a new logic, reorganize yourself and the surrounding world, and bring them up to date. In brief, you need to change yourself. Sophia’s educational philosophy of “Men and Women for Others, with Others,” implies that a new world will open out to you, a world that can be shared with others. We believe applicants to Sophia University should have aspirations. To realize these aspirations they need to fearlessly face up to testing challenges, and in confronting these challenges do not be afraid to change yourself. Sophia University is committed to continuing its organizational reforms, in order to provide you with a better educational environment. 理事長からのメッセージ上智学院 理事長 The Chancellor of the Sophia School Corporation上智大学 総合人間科学部 教授 Professor, Faculty of Human Sciences髙祖 敏明 Toshiaki Koso1947年広島県生まれ。1971年上智大学文学部哲学科卒、1976年同大学院文学研究科教育学専攻博士課程満期退学。1991年上智大学文学部教育学科教授、1993年同文学部長を経て、1996年上智学院理事、2005年総合人間科学部教育学科教授、1999年から上智学院理事長。Professor Toshiaki Koso was born in Hiroshima in 1947, and graduated from the Faculty of Humanities at Sophia University with a B.A. in philosophy in 1971. Later he completed the doctoral program in Education in 1976, served as a professor in the Department of Education in the Faculty of Humanities (1991-2004), and later in the Faculty of Human Sciences in 2005. He became Dean of the Faculty of Humanities (1993-1996), a trustee of the Sophia School Corporation from 1996, and Chancellor of the Sophia School Corporation from 1999 to the present. 4

元のページ 

page 5

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です