上智大学 大学案内2017
47/164

科目紹介■自然科学とキリスト教Ⅰ自然科学と宗教それぞれが担う課題や対話の可能性を考察し、キリスト教本来の科学へのかかわり方、科学と宗教が共同で担う現代の課題を探ります。■平和学戦争や病気、テロなど多くの人々を苦しめる現実の具体的な事例を文献、DVDを用いて学び、どのようにして平和な世界を築くことができるかを考えます。■キリスト教文学Ⅰ三浦綾子の作品とサン・テグジュペリの作品を比較することなどを手がかりに、愛・ゆるしについて文学から神学に光をあて、神学と文学の接点を探ります。■カトリックとプロテスタントキリスト教諸教派の特徴を知るために、各教派を代表する人物とその思想を学びます。現代世界を理解し、よりよく生きるためのヒントが得られます。■キリスト教の礼拝キリスト教の礼拝について、その構造、暦、芸術、建築、服装などがどのような役割を担うのか、ローマ・カトリック教会のミサを中心に学びます。■終末論キリスト教の終末論は、カルトの終末予言や輪廻転生とどこが異なるのでしょう? 人生の最終的な意義への問いにつながり「希望」を語るものです。教授 ホアン・アイダル現代哲学(レヴィナスの思想)とキリスト教への影響を研究教授 サリ・アガスティン *2016年9月より総合グローバル学部へ所属変更エスニック政治学を専門とし、インドにおけるコミュナル紛争などを研究教授 片山 はるひキリスト教文学、キリスト教の霊性を研究教授 川中 仁現代世界におけるキリスト教のあり方、イグナチオ・デ・ロヨラの霊性を研究教授 具 正謨シャーマニズムの宗教性、およびキリスト教文化受肉などを研究教授 小山 英之平和学、北アイルランド紛争、カトリックの社会思想などについて研究教授 佐久間 勤物語分析の方法による旧約聖書の解釈教授 瀬本 正之キリスト教人間学に基づく環境教育などの研究教授 髙山 貞美キリスト教と浄土仏教の関係などを研究教授 竹内 修一いのちの倫理、および物語としてのキリスト教倫理教授 武田 なほみ生涯発達と信仰、キリスト教教育などについて研究教授 月本 昭男旧約聖書学と聖書考古学教授 増田 祐志カトリック神学、特にキリスト教と他の宗教との関係などを研究教授 光延 一郎神学的人間論から、現代に生きる人間の苦悩を見つめる教授 山岡 三治エキュメニズムおよび、日本、中国のキリスト教を研究准教授 森 裕子キリスト教信仰と音楽・芸術とのかかわり助教 原 敬子宣教学、宗教科教育法講師 久保 文彦 ※聖書学(特に、聖書における人間理解の探究)、キリスト教と人権講師 アントニウス・フィルマンシャー ※キリスト教の典礼および現代のコミュニケーション・メディア講師 山中 大樹 ※新約聖書学講師 吉川 まみ ※環境と人間社会のあり方「キリスト教人間学(祈りの人間学)」 原 敬子 助教教員・研究分野 ※は嘱託講師Q.キリスト教信者ではないのですが、勉強する上で支障はありますか?A.キリスト教信者でなくても体系的に学べるよう、神学・キリスト教倫理・キリスト教文化という3つの系によるカリキュラムを設けています。多様なバックグラウンドの学生がアットホームな雰囲気の中で学んでいます。あわせて教員免許も取得できます。2割ほどの学生は大学院に進学します。FAQ荒谷 美里(4年)どこに行き、何をすべきなのか、勉強が手につかなくなるほど、自問自答を繰り返している私へ。上智大学神学部に進学した私は今、とても幸せです。受験前は先生や家族、友人の声に翻弄されることもあるでしょう。でもその苦悩の先には、胸を張って自分の居場所だと言える、とても素敵な環境で大学生活を送る自分が待っています。中高6年間をミッションスクールで過ごしたものの、カトリック信者ではない私は、大きな不安を抱えて神学部での日々をスタートさせました。しかし、いざ飛び込んだ学び舎には、そんな不安をあっさりと拭ってくれるたくさんの仲間と先生方がいらっしゃいました。少人数の学部ならではの温かい雰囲気に迎えられ、自分でも驚くような速さで新しい環境に馴染むことができました。神学部での出会いの数々はとても刺激的で、私にとって一生の宝物になるでしょう。今は周囲の期待や受験勉強に追い込まれて苦しいかもしれません。でも、自分にはそれを乗り越えられる強さがあることを信じて、最後まで頑張ってください。神学部文学部総合人間科学部法学部経済学部外国語学部総合グローバル学部国際教養学部理工学部短期大学部大学院上智社会福祉専門学校46

元のページ 

page 47

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です