上智大学 大学案内2017
34/164

留学プログラム/実践型プログラム留学プログラム上智大学の多くの卒業生が国際舞台で活躍していますが、海外で働くことを目指したきっかけは留学プログラムに参加したことだったということが少なくありません。日本では経験できない困難や言葉・文化の壁を乗り越え、世界各国の学生達と肩を並べて学ぶことで多様性を理解し、グローバル人材としての資質を備えていきます。留学のきっかけや目的は人それぞれですが、その多様な目的に合わせ、上智大学ではさまざまな留学制度を用意しています。ぜひ自分に合ったものを見つけ、世界へつながる第一歩を上智大学から踏み出してください。イエズス会によって設立された上智大学は、創立時から世界中にネットワークを持っていました。交換留学の歴史も古く、1935年にアメリカのジョージタウン大学に学生を送ったのが最初です。留学者数は増加し続け、現在では40カ国241校(2016年4月1日現在)に及ぶ大学と協定を結び、毎年300名以上の学生を交換留学に送り出しています。北米・ヨーロッパへ留学する学生が多いのが特徴ですが、2014年にSophia AIMS(SAIMS)プログラム(ASEANの政府主導の留学制度に日本代表校として参加)が開始されたこともあり、アジアへの留学者数も著しく増加しています。また、今後はLAP(中南米との留学プログラム)が本格始動し、同地域への留学者数も増加が見込まれます。現在、上智大学ではこれまで以上に学生が多様な形態・地域で自分自身の留学の計画を実現できるようにプログラムを充実させています。2014年にスタートした、1年間で韓国・中国の2大学を回る「3キャンパス共同プログラム」、名門海外大学院への特別進学制度など、新たな取り組みも拡大しています。長期の留学だけではなく、夏期・春期休暇期間を利用した短期プログラムも幅広い選択肢があります。語学力アップを目指す「海外短期語学講座」から、語学力を使って海外で専門分野を学ぶ「海外短期研修」、そして実際に現地に赴きそこでの講義や実習等を通して実践的な学びを得る「実践型プログラム」のラインアップに、アフリカやインドでのプログラムからニューヨークの国連本部での研修まで、さまざまな目的のプログラムが揃っています。●留学のWebサイト:www.sophia.ac.jp/jpn/global/international●Sophia AIMS(SAIMS) プログラムのWebサイト:dept.sophia.ac.jp/pj/saims/●LAP(Sophia-Nanzan Latin America Program)のWebサイト:www.sophia-nanzan-lap.com留学カウンセリング制度留学に関するありとあらゆる悩みに、専門の留学カウンセラーがお答えする、留学カウンセリング制度が始まりました。留学に興味はあるけれど何から手をつけて良いか分からない、留学計画をしっかり立てているけれど不安や質問がある等、短期・長期留学を問わず、留学に関することならどんなことでも相談できます。このカウンセリング制度とは別に、外国語の学習方法について、大学院生からアドバイスを受けられる、Language Learning Center(LLC)、また英語学習方法について相談できる「英語学習アドバイザー制度」もあります。自分に合った留学の実現を目指し、このようなさまざまな制度をぜひ活用してみてください。アメリカの大学大学院への特別進学制度グローバル人材育成のためのキャリア形成の一環として、上智大学卒業後、アメリカの大学院に進学する制度が始まりました。入学基準を満たす希望者は、上智大学からの推薦に基づき、通常の審査より簡素な手続きによって入学が認められ、一部授業料の減免措置も適用されます。本学を早期卒業する学生の場合は、最短で4年間で学士・修士の学位が取得できるプログラムです。進学対象大学院:●Fordham University 大学院●Columbia University Teachers College●Georgetown University 大学院おもな奨学金制度留学に興味はあるけれど資金が心配、という声もよく聞かれます。上智大学は、日本学生支援機構による「海外留学支援制度(協定派遣)」の採択校であり、2015年度の交換留学生308名のうち、126名が留学期間中に必要となる費用として、月額6~10万円(地域により異なる)の奨学金を受給しました。また、2014年に始まった文部科学省官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム※」には、上智大学から1期生に8名、2期生に4名、3期生3名、4期生7名が採用されました。休暇中に開催される短期海外プログラムについても、日本学生支援機構や上智大学独自の奨学金を活用して参加する学生が増えています。※留学形式を問わず海外留学・インターンシップを行う学生が対象。地域により月額12~20万円が給付され、授業料や渡航費の援助もあります●留学のWebサイト(留学費用/奨学金):www.sophia.ac.jp/jpn/global/international/scholarship学び方33

元のページ 

page 34

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です