上智大学 大学案内2017
17/164

犯罪被害者報道をテーマに論文を執筆し、記者の心うちや、「かっこいい」と映る記者職の本来の姿に迫りました。今年はアメリカへ留学し、報道現場のデジタル技術の活用を視察。日本メディアの今後の展開を考えていきます。         文学部 新聞学科 4年       植松 久美子水素によって鋼材の強度が落ちる現象 「水素脆化」を研究。橋に使用されるボルトなどが前触れもなく破壊してしまうのは水素の影響が考えられます。到来する水素エネルギー社会に向けた新たな材料開発に取り組んでいます。理工学部 機能創造理工学科 2015年度卒業安川 昂志英語が苦手だから選んだドイツ語、出会いは極めて消極的だった。でも、規則さえ覚えれば論理的に構造がつながるのでパズルを解くように読めるところがドイツ語の楽しさだと知った。今では学生の学ぶ喜びにも共感できる。LLCチューター(ドイツ語担当)総合人間科学研究科 教育学専攻 博士後期課程3年栗原 麗羅My objective for studying at Sophia University is to improve my expertise of accounting. I can study both British and American accounting methods here. To experience Japanese culture is another aspect. I plan to join a tea ceremony club from April and hoping to improve my skill for latte art as well.           交換留学生/香港出身         Ronald Tong英米文学や言語学を通じて受験英語とは違う英語の味わい方を知る。とくに英文法書を読み込んだことで言葉の感覚が磨かれた。作品中の言葉や文章の言い回しを、作者がどんな意図で選択したのか想像できるようになるのは面白い。文学部 英文学科 2015年度卒業峯崎 悠太病気に苦しむ人を救いたい、それもなるべくたくさんの人を。そのために新たな物質や治療方法を発見する化学と生物学の道を選ぶ。今は神経系の病気の原因究明に向けて、知識修得と化学実験に勤しんでいる。理工学部 物質生命理工学科 3年尾﨑 夏実 「社会学って何?」という疑問から始めて、好奇心のアンテナを張り、僕たちの日常の 「社会」を学んできました。卒論では子育てに参加する父親「イクメン」を取り上げます。海外に最も近い大学、上智で、社会と最も接近できるのが社会学科です。総合人間科学部 社会学科 4年濵野 俊平3年次に交渉学、4年次に知的財産法のゼミに所属し、法律の解釈を相手に「伝える」ことに重点を置いて勉強。考え方が異なる相手に、感情論に走らず、論理的に物事を伝えられる。グローバル化する世界で通用する能力が身についた。       法学部 国際関係法学科        2015年度卒業      宮本 大資他学科の移民に関する講義を受け、企業が移民にどんな働きかけをすべきかを経営目線で考えたのは楽しい作業でした。どの分野にも企業は存在し経営活動が行われています。経営という独自の視点を培った4年間でした。経済学部 経営学科 2015年度卒業都築 沙和子言語にプラスして歴史や地域についても学べるので、幅広く、深く、ポルトガル語圏に関わることができます。日本とポルトガル語圏をつなぎ、世界の人々の支えになることが目標です。外国語学部 ポルトガル語学科 4年熊谷 美紀As someone who is interested language development, I thought that the contrast between English and Japanese would be something worth looking into. While I was introduced to Japanese culture at a young age, one thing that still really surprised me when I came to Japan was how crowded the trains are in Tokyo during rush hour.   交換留学生/アメリカ出身  Anna V. Melnyk16

元のページ 

page 17

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です