上智大学 大学案内2017
160/164

ソフィア会ソフィア会は上智大学卒業生の同窓会で、正式名称は「上智大学ソフィア会」といいます。卒業生は自動的にソフィア会会員となり、現在会員数は約13万人弱。2011年4月上智学院と聖母学園との法人合併に伴い、同年5月には聖母大学同窓会の会員がソフィア会に加わりました。創立より変わらない叡智のネットワークをつないでいます。イエズス会の5つの学校法人がひとつに上智大学を運営する学校法人上智学院と学校法人栄光学園、学校法人六甲学院、学校法人広島学院、および学校法人泰星学園は、2016年4月1日に法人合併いたしました。この合併により学校法人上智学院は、四つの中学校と四つの高等学校を擁することになります。新法人は、合併により大学教育と中学高等学校教育のより緊密な連携のもと、「イエズス会教育の深化」、「幅広いネットワーク教育の構築」、「次世代の担い手の養成」を実現するために協働していきます。ソフィア会の活動主な活動は春と秋の年2回開催される「全国代議員会」および「オールソフィアンの集い(ASF:All Sophians’ Festival)」や「ソフィアンズカップゴルフ大会」「オールソフィアンのクリスマス(ASC:All Sophians’ Christmas)」などの各種行事の開催、会報誌「ソフィアンズナウ」、メールニュース(月2回)の発行です。また、学部・学科同窓会、地域や職域別など各種のソフィア会が任意で設立され、多くの活動を行っています。地域ソフィア会は国内に81カ所、海外は64カ所。各種ソフィア会では、「マスコミ・ソフィア会」や「ソフィア経済人倶楽部」「体育会OB会」などさまざまなソフィア会が活動しています。上智大学ソフィア会公式Webサイトwww.sophiakai.gr.jp/ソフィア会と会員を結びつける主要なコミュニケーション手段となっています。この公式Webサイトは、ソフィア会の公式Facebookページとも連動しています。ぜひご覧ください。この呼称は、上智大学が追求するヒューマニズム、学問、社会への貢献などの基底をなすCompassion(他者への思いやり、慈悲)と、ボルドーで産出される赤ワインの代名詞としても使われるClaret(エンジの中でも特に深みのある色合い)から発想した造語です。この呼称は、人が偉大な叡智を身に付け、それを他者と共有してゆくことを例える「the fruit of wisdom(知恵の実)」から発想した造語です。私たちは、Wisdom Fruitは、より多くの人々とより深く共有することで、その甘みと美味が増すものであると考えています。 Wave of the Futureは、上智大学のこれまでの100年とこれからの100年を象徴する二つのカラーを躍動感と力強さをもって組み合わせ、そのような私たちの姿と叡智で世界をつなげてゆくという私たちの意思を表現しています。なお、ウェーブの形は、Sophiaの「S」も連想させるようデザインしています。上智大学は海外では早くからソフィア・ユニバーシティの名で親しまれており、ソフィアンは在学生・卒業生の総称です。ソフィアンくんは上智大学の校章である真理の光を目指してはばたく鷲をモチーフに制作され、中央にしるされた文字はLux Veritatis (真理の光)の頭文字です。スクールカラーCompassionate Claret(コンパッショネイト クラレット)サブカラーWisdom Fruit(ウィズダム フルーツ)Wave of the Future(ウェーブ オブ ザ フューチャー)上智大学公式キャラクター ソフィアンくん上智大学公式 ソーシャルメディアアカウント  上智大学公式Facebook 日本語 www.facebook.com/SophiaUniversity英語 www.facebook.com/SophiaUniversityE  上智大学公式Twitter日本語 @SophiaUniv_JP英語 @SophiaUniv_ENGINFORMATION159

元のページ 

page 160

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です