上智大学 大学案内2017
143/164

Self-Discoveryプログラム(全学年対象)就職支援プログラム(主に3・4年次対象)■インターンシップガイダンスインターンシップに参加するための基本的な情報を提供します。インターンシップを通して将来の働くイメージや仕事のやりがいを掴むために、事前準備として必要な業界の基礎知識や情報収集の方法等もお伝えします。■夏期集中講座論理的思考力と行動力を身に付けるための2日間のワークショップ。夏期休暇を利用して学部や学年を超えた仲間とともにグループワークに取り組むことで、社会で求められる達成するための実践力を養います。■卒業生講演会、OB・OG交流会社会で活躍する卒業生が、大学時代の過ごし方や仕事の醍醐味などを語る講演や交流会。働く女性をテーマとした講座も実施します。卒業生をモデルに、自分の未来を想像するセミナーです。■国際分野の就職支援シリーズ「国際機関職員」「翻訳・通訳」を目指す学生のためのシリーズ。プロフェッショナルとして働くために必要な能力や方法について、第一線で活躍する卒業生から実際の経験に基づいたお話をワークを交えながら伺います。■総合就職ガイダンス(全5回予定)自分がどのような人間か把握する「自己分析」、自分の強みを生かして働く場を探すための「業界・企業研究」、それらを相手に伝えるための「PR術」や「面接対策」。総合就職ガイダンスでは、就職活動に関する基礎的な知識から実践的なアドバイスまで、活動時期や段階に応じた多岐にわたる内容でみなさんの就職活動を全面的に支援します。就職活動の先にある「働くこと」への新たな視野の広がりも提供するプログラムです。■合同企業研究会(2015年度:154社)さまざまな業界のリーディングカンパニーが来校。上智大学生に特化した内容の説明を聞くことができ、多くの企業から卒業生も参加します。業界や企業についてじっくり理解を深める絶好の機会です。■ 職業研究(卒業生アドバイス)シリーズ(2015年度:171社)上智生が多く入社している優良企業によるセミナーです。卒業生が、仕事内容や企業の特色を紹介するほか、実状についても率直に語ります。同時に、人事担当者から「求める人材像」や採用情報も提供。■業界研究シリーズ内定の決め手は、自分の強みや興味の方向と企業がマッチしているか。そのために必要な、企業の方向性、課題、働く環境などを探る方法を紹介します。自分なりの企業選びの軸を持つためのセミナーも実施します。■採用試験対策シリーズ筆記試験から面接まで、企業の採用試験全般の対策シリーズ。人事採用経験者による模擬面接など、早い段階で自分の弱点を知り準備に繋げることができます。■“内定者に聞きたい就職活動”シリーズ内定を得た先輩が、就職活動を成功させるポイントについて具体的で実践的なアドバイスを行います。■公務員研究シリーズ公務員の種類や仕事内容は多種多様。試験対策のガイダンスだけでなく、各機関の人事担当者、省庁などで活躍中の卒業生から説明を聞く機会を設けます。少人数で相談できる、内定者による報告会&アドバイス会も行います。■教員研究シリーズ教職を目指す学生向けシリーズ。採用試験ガイダンスのほか、公立学校・私立学校で活躍している卒業生や内定者から、採用動向や仕事の魅力などを直接聞くことができます。キャリアセンター利用者の声就職活動に教科書はありません。心強い支援を得て内定を獲得してください前田 理恵子 経済学部経営学科(2015年度卒業)株式会社資生堂内定内定先にはマーケティング職で採用されました。2年次に化粧品会社主催のマーケティングコンテストへ参加し、生活必需品ではない化粧品の価値を伝える際のマーケティングの重要性に興味をもったからです。今後は海外でも通用する一流のマーケッターを目指します。就職活動は面接解禁と同時に始めましたが、当初、面接は失敗続きでした。しかし、キャリアセンターで先輩の就職活動報告書に書かれていた面接の質問すべてに自分なりの答えを用意して模擬面接を何度も受けました。その結果、本番では顔色を変えずにどんな質問にも答えられました。OB・OG検索も利用して企業訪問を行うなど、できる限りの準備をしましたが、キャリアセンターが精神的な支柱になったことは間違いありません。就職活動には不確定要素が多いですが、キャリアセンターを利用したおかげで効率的に進められたと思います。戦略的思考と対人折衝力を身に付ける勉強会自己分析・産業研究対策講座142

元のページ 

page 143

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です