上智大学 大学案内2017
142/164

就職支援大学を卒業してからの自分について、どのようなイメージを持っていますか? 夢の実現のために大学時代にすべきこと・できることは何でしょうか? 大学は、社会に出るまでの準備期間でもあり、みなさん一人ひとりの魅力や可能性を広げる場です。上智大学では、大学での学びや普段の学生生活すべてがキャリアにつながると考え、全教職員がさまざまな場面で学生の挑戦を応援しています。中でもキャリアセンターでは年間を通じて300回を超すセミナーを開催しています。就職活動支援だけでなく、1年次から参加可能な社会で通用する能力を理解し身に付けるためのプログラムも提供しています。キャリアセンターキャリアセンターでは進路選択のための各種ガイダンスや個人相談等を行っています。[場所] 2号館1階 キャリアセンター[時間] 9:30~17:00(月~金曜日)[キャリアセンターWebサイト] www.sophia.ac.jp/jpn/career■個人相談キャリアに関するさまざまな相談を随時受け付けています。相談では、学生自身が客観的に自分を見つめ、新たな気づきを得て成長できるようアドバイスしています。■求人情報公開就職情報サイト等にはない“上智大学生”を対象にした求人が寄せられます。公務員・非営利団体や特殊な言語を要件とする求人が比較的多いのも特長です。■就職活動・キャリア関連書籍経済誌や業界地図で産業界のトレンドを掴んだり、四季報や企業パンフレットで企業について調べることができます。キャリアを考えるための参考図書・新聞・雑誌も多く揃っています。■OB・OG情報検索OB・OG訪問をするための上智大学出身の先輩たちの就職先の情報が検索できます。仕事への理解をより深めるためには、卒業生(OB・OG)を訪問することが有効です。■就職活動報告書内定が決まった先輩たちのアドバイス集です。採用試験の出題傾向や日程のほか、不安や悩みをどう乗り越えたかなど経験者ならではのヒントが満載です。■各種冊子の発行1年次生全員に配布する『SOPHIA STYLE』など、さまざまなニーズに応じた冊子を発行しています。自分を知り、社会を知るために キャリアデザインの3つのポイント上智大学では4年間を通して磨いた能力と適性を最大限に活かせるよう、次の3つのポイントから社会に出るための基礎づくりをサポートします。まず土台になるのは「自分をつくる、可能性を広げる」こと。何より大切なのは、勉学、留学、課外活動、アルバイト、ボランティア活動など、普段の学生生活における新しい挑戦や経験の積み重ねです。■自分をつくる可能性を広げる進路・職業を選択していく時、一番大事なことは、「自分をよく知る」ことです。あなたのどんな能力をどんな風に社会で活かしていくのか。自分は何をやりたいのか、何ができるのか。それを実践する場はどこにあるのか。これらを主体的に考え、行動するきっかけとなるプログラムを提供します。■未来の自分を思い描くインターンシップや卒業生との交流会など、仕事の内容ややりがいについて知るための幅広いプログラムを開催します。業界や企業についての理解を深め、社会で働くことのイメージを掴みます。■目標に向かって行動を起こす主に3~4年次生を対象として、就職活動に備えた実践的なプログラムを提供します。就職活動の基本事項のガイダンスや筆記試験、エントリーシート、面接対策まで、企業の採用試験の対策を行います。ど、SUPPORT141

元のページ 

page 142

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です