上智大学 大学案内2017
14/164

I came to Sophia University with a hope to open up my heart to the world and gaining new experiences. At Sophia I meet people from all over the world with diverse backgrounds and enjoy communicating with them. I love Japanese anime culture and food such as Dragon Ball and udon (wheat noodle).In my home country Côte d'Ivoire, the economic growth is significant. Many people from my country are interested in Europe and United States but I hope more people visit Japan.交換留学生/コートジボワール出身Gueu Celly Philippe ArnaudVoice of 上智スペイン美術史のゼミを選択し、ベラスケスを研究。1・2年次でひたすら語学に没頭して実力をつけ、留学先の現地で生の美術作品にも触れた。イスパニア語の魅力は話者の多さ。交流できる世界が格段に広がるので、ぜひイスパで厳しく鍛えてもらって!      外国語学部 イスパニア語学科 4年     桝内 彩加スマホやパソコンの通信に興味があったので、次世代ネットワークの仕組みを研究。今やネットワークを利用しない日はない。日常生活に多大な好影響をもたらす、これまでとはまったく異なる通信方法の考案にやりがいを感じる日々。理工学部 情報理工学科 2015年度卒業加藤 尭彦国内外の環境法を学ぶと、実際に政策を行う政治との関係も重要だと気づく。将来は開発コンサルタントを目指している。発展途上国で、その国に根付くような、持続可能性の高いプロジェクト推進に携わりたい。     法学部 地球環境法学科 4年    酒井 麻斗香社会福祉を学ぶこと=イコール世の中を知ること。そして各種制度や人的資源を活用して、諸問題の解決手段を考えるのが社会福祉学。狭義の福祉だけではなく、社会政策や生活の質の向上なども含めて広義に捉え、社会全体を見渡せるのが学科のメリット。総合人間科学部 社会福祉学科 2015年度卒業秦 佑佳地球規模の大きな問題に開発経済学の側面からアプローチ。途上国支援や環境問題の解決手段は、企業の利益と相反することもあるが、世界の趨勢を横断的に注視、分析して戦略立案へと役立てる、そんなダイナミックな学問が経済学。     経済学部 経済学科 2015年度卒業    山崎 一平今年は語学力アップのために1年間留学中。欧米の西側諸国ばかりでなく、さらに広い世界へと関心を向けることが自分の中に大きな可能性を生み出す。いずれは日本とロシアをつなぎ、両国の良好な関係発展に尽くしたい。     外国語学部 ロシア語学科 3年    乾 貴弘 「源氏物語」の最後を飾る「宇治十帖」が卒論のテーマ。老病死苦の問題が凝縮されており、人間のあるべき姿を考えさせられる。国語学や漢文学、近代文学から吸収した知識と見聞を活かして大学院でも源氏の読みに臨みたい。            文学部 国文学科 4年          藤田 亜美13

元のページ 

page 14

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です