上智大学 大学案内2017
128/164

1年次2年次3年次4年次●理工学総論 ●理工学概論 ●数学●基礎物理学 ●基礎化学 ●基礎生物学 ●基礎情報学 ●情報理工学(アーキテクチュア)●情報理工学(ソフトウェア)●情報理工学(計算と情報の理論) ●ゼミナール学科専門科目●理工学基礎実験・演習●基礎プログラミング●情報学演習 ●情報数理演習●情報理工学実験●情報学演習●情報理工学実験人間情報情報通信社会情報数理情報●感覚情報処理 ●音声・音響学 ●画像処理工学 ●学習・記憶・認知 ●ニューラルネットワーク ●教育情報工学 ●福祉情報学 ●脳神経科学 ●神経情報薬理学 ●細胞神経科学 ●生体医工学 ●言語情報学入門 ●実験心理学●情報通信工学 ●電子デバイス ●信号基礎論●通信ネットワークシステム ●ヒューマンコミュニケーション●可視化工学 ●計測と制御 ●コンピューティングアーキテクチャ●情報システム工学 ●シミュレーション工学 ●知識工学●ソフトウェア工学 ●生産工学 ●ロジスティクス工学●メディア情報論 ●経営情報学 ●社会情報学 ●メディア工学●数理ファイナンス基礎 ●環と加群 ●ガロア理論 ●多様体論●位相不変量 ●測度論 ●常微分方程式 ●計算機数学 ●離散数学 ●暗号・符号理論と情報セキュリティ ●多変量解析全学共通科目(P.21参照)●卒業研究理工学部共通科目 など●必修科目 ●選択必修科目 ●選択科目情報理工学科オリジナルWebサイト:www.ics.sophia.ac.jp/●コンピュータネットワーク ●データ構造とアルゴリズム ●データベース ●プログラミング言語論 ●デジタル信号処理 ●電磁気測定 ●集積回路の基礎 ●デジタル回路 ●代数学基礎 ●群論 ●幾何学基礎 ●微分幾何 ●オペレーションズリサーチ●科学技術英語●科学技術英語※科目の詳細については、上智大学Webサイトのシラバスをご覧ください。実験演習教育方針“知識”を体系的に整理し活用するために「分析・解析・統合する情報」を扱うとともに、“情報”を有機的に組み合わせ、適切な形で人間社会に還元する能力を養成します。また、自然科学を基礎に人文・社会科学と連携した学際的視点を重視します。数学・物理・化学・生物・情報など理工学の基礎教育を徹底して行う一方、専門分野として「人間情報」「情報通信」「社会情報」「数理情報」をキーテーマとするカリキュラムを設けることで、理工融合の「複合知」に基づく幅広い分野に適応しつつ、各人の将来の基盤を確立するための専門教育を行います。「複合知」を身に付けることで安心して利用できるシステムを構築する人材を養成するとともに、科学技術英語教育により国際的に活躍できる科学者・技術者や、確かな基礎を身に付けてそれを次世代に伝えていくことのできる教育者を育成します。カリキュラム・履修科目「メディア工学」 矢入 郁子 准教授“情報”が持つ知識、知恵、経験を通して人間、そして社会を深く理解する情報理工学科設置年:2008年(理工学部再編により誕生)教員数:34人男子458人女子133人学生数:591人127

元のページ 

page 128

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です