上智大学 大学案内2017
101/164

科目紹介◎専攻語科目■基礎イスパニア語Ⅰ1年次生の必修科目。ABCから始めて、文法、会話、作文、講読の各分野におけるイスパニア語の基礎を徹底的に養います。■基礎イスパニア語Ⅱ2年次生の必修科目。1年次に習得した基礎を確認しつつ、文法、作文、会話、講読の各分野における運用能力の向上を目指します。■総合イスパニア語A3、4年次生の選択科目。スペインの文化や時事問題を題材として、ネイティブ教員が高度な作文技術の訓練を行います。■総合イスパニア語B3、4年次生の選択科目。イスパニア語圏の政治、社会、文化を扱った専門的なテキストの講読や速読の訓練を行います。■総合イスパニア語C3、4年次生の選択科目。ネイティブ教員が担当し、イスパニア語でのディベートやプレゼンテーション能力を磨きます。◎イスパニア語圏基礎科目■イスパニア語圏研究入門学科教員の輪講で行われ、イスパニア語圏に関する基礎知識を学びつつ、3、4年次の専門研究に必要な学問的スキルを習得します。■西概史イスパニア語とイスパニア語圏を学ぶ学生が、その背景として最低限知っておくべきスペインとイベリア半島の歴史を概観します。■西米概史先スペイン期からのイスパノアメリカの歴史を概観し、今日のイスパノアメリカ社会がいかにして形成されてきたのかを学びます。■西・西米文学史スペインおよびイスパノアメリカ文化の精華ともいえる文学の歴史をたどるとともに、文学作品鑑賞の醍醐味を体験します。教授 エデルミラ・アマートスペイン語とバレンシア語の比較研究教授 谷 洋之メキシコ農業政策・開発思想を中心とするラテンアメリカ経済教授 西村 君代スペイン語形態論、スペイン語文法記述教授 長谷川 ニナ日本とラテンアメリカにおける文化的価値観の比較研究教授 幡谷 則子ラテンアメリカの現代社会─都市と農村の民衆組織と社会運動─教授 松原 典子16、17世紀のスペイン絵画および彫刻教授 吉川 恵美子イスパノアメリカにおける民衆演劇の形成と展開教授 アントニオ・ルイズ・ティノココーパス言語学、言語情報論、語彙バリエーション准教授 内村 俊太スペイン近世史、16世紀における歴史編纂准教授 エレーナ・ガジェゴ日本語・スペイン語翻訳論、日本・スペイン比較文学「演習(西史)2」 内村 俊太 准教授教員・研究分野FAQQ.イスパニア語はどういう言語ですか?A.イスパニア語はスペイン、中南米などで広く公用語として使われ、また米国でも大きな存在感を持っています。このように広大なイスパニア語圏ですが、イスパニア語そのものには驚くほどの共通性が保たれています。それと同時に、各地域には独自性もあります。イスパニア語は、「共通性と多様性」で広く豊かな世界とつながっている言語です。イスパニア語は発音体系が比較的シンプルで日本語話者にはなじみやすく、一方、英語とは異なる文法的特徴があるため、新鮮味をもって取り組むことができます。また、イスパニア語を学習すれば、ラテン語という共通の起源を有するフランス語、イタリア語、ポルトガル語といった他の言語にもアプローチしやすくなります。三野輪 竜也(4年)大学に進学し、高校以前とは比べ物にならないくらい大きく環境が変わり、その経験を経て、あなたに何か伝えるとしたら、「何事にも余裕を持つこと」と「自己肯定感を持つこと」の2つです。余裕を持つとは、何か心の拠り所がある状態です。その人(もしくは環境)があるから、自分を見失わず、自分らしくいられる、そんな感覚を常に持つことができれば、あなたはどんなことにも挑戦できるし、どんな失敗も恐れることはないと思います。また、そうすることで自分の行動や選択に自信を持ち肯定することができると思います。今は受験勉強に励んでいて、目下の受験というイベントが全てだと思っているかもしれません。余裕と自己肯定感さえ持っていれば、たとえ受験によってどんな道に進んだとしても、その道にも自信を持って進めるし、今とは違う環境だったとしても、楽しく過ごせているのではないかと思います。この2つを心掛けて、どんな状況も楽しく過ごしています。高校卒業からとてもたくさんのことを経験した4年先輩からのささやかな助言でした。神学部文学部総合人間科学部法学部経済学部外国語学部総合グローバル学部国際教養学部理工学部短期大学部大学院上智社会福祉専門学校100

元のページ 

page 101

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です