一橋大学 大学案内2017
46/56

学生サポートStudent Support 学生相談室は,学生生活全般におけるあらゆる相談(修学・履修、進路・就職、生活・経済、課外活動、健康、メンタルヘルス、対人関係、ハラスメント等)に応じる「なんでも相談室」です。 専任の教員や臨床心理士の資格を持つカウンセラーが、みなさんのあらゆる相談に応じています。そして、カウンセリングやアドバイス、あるいは関係機関(学務部窓口、学内関係機関、学外諸機関等)とのコーディネート等を行っています。さらにみなさんの大学生活をより豊かなものにしていくため、相談活動以外にも様々な学生支援活動を行っています。■ 詳細は学生関係窓口においてあるリーフレットや一橋大学ウェブサイト等をご覧ください。学生相談室 ハラスメント相談室は、アカデミック・ハラスメント、アルコール・ハラスメント、セクシャル・ハラスメント、パワー・ハラスメント等ハラスメントにあった学生、あったと感じた学生の相談に応じる相談室です。相談室には、ハラスメントについて相談に応じる専門相談員がいます。 相談室は、あなたの話を聞き、気持ちの整理をお手伝いし、あなたにとって一番良い解決方法を一緒に探していくところです。 また、対応手続をとる場合、書面を作成する過程で、あなたの気持ちが書類に十分反映できるように相談に応じるところでもあります。 ハラスメントを受けたり、してしまったと感じたら、一人で悩んだりせずに、すぐにハラスメント相談室に相談に来てください。相談の受付は来室のほか、E-mailや電話、手紙等あなたが最も利用しやすい方法で専門相談員に連絡してください。もし一人で行きにくいときは、誰かに頼んで一緒に行ってもらいましょう。■ 詳細は一橋大学ハラスメント相談室のウェブサイト等をご覧ください。ハラスメント相談室 障害学生支援室では、障害のある学生の修学に関する相談に応じ、他の学生と同じように受講できるよう支援調整を行う部門です。修学に関係する部署や教職員が、障害のある学生に対し、直接・間接の支援提供を行えるよう、学内外での連携・協働を行っております。  障害学生としての支援を希望される在学生の方、障害学生へのサポートをしたいという方は、お気軽に障害学生支援室までお問い合わせください。■「障害学生」には、身体に障害がある学生の他、発達障害、その他の精神障害などの学生も含まれます。障害学生支援室 保健センターは、定期健康診断、診療、カウンセリング、健康及び栄養相談、軽度の外傷などの応急処置を行っていますので、気軽に利用してください。 身長、体重、血圧、視力等の測定ができますので、体調管理に役立ててください。また、体調がすぐれない時には休養することができます。 スタッフは、精神科医師、内科医師、保健師、管理栄養士、臨床心理士です。保健センター 留学生・海外留学相談室は、一橋大学に所属する外国人留学生からの相談に応じ、助言を行い、彼らが一橋大学での勉学や生活を快適に行えるよう支援することを主な目的として開設されています。このほか日本人学生の海外留学相談や留学生へのチューター紹介、各種オリエンテーションなども担当しています。東キャンパス国際研究館にある国際教育センターの2階にあり、心理相談の専門家を含む5人のアドバイザーが交替で、授業期間中の月曜日から金曜日まで、毎日10時から13時、14時から17時まで担当しており、多数の来室者があります。英語での相談にも応じていますので、気軽に相談に来てください。留学生・海外留学相談室44

元のページ 

page 46

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です