一橋大学 大学案内2017
36/56

34私の一週間My Campus Days学生の一週間Campus Life私は、大学1年生の頃から能楽サークル「一橋観世会」に所属しています。能楽サークルと聞いて何をするのか見当のつかない方も多いかと思いますが、私たちは日本の伝統芸能である「能」をプロの能楽師から習い、自分たちで上演をする団体です。そもそもこのサークルに入るまで能の公演を一度たりとも観たことのなかった私にとって、興味本位で見学した稽古はかなり新鮮でした。「能」というと若者には敷居の高そうなイメージがありますが、この一橋観世会は見事にそのイメージを覆しており、部員の雰囲気がアットホームな他、指導する能楽師の方(2名おり、どちらも一橋観世会のOBです)も気さくでした。また、必要な着物や袴、和楽器などを借りられるということで、初心者でも入りやすい配慮がされていると感じ、能の世界へ飛び込んでいきました。そんな私ですが、能を知れば知るほど、伝統芸能と現代日本との共通点またその逆である差異を実感しています。そして現在では、日本の文化・価値観とは何かというところにも目が向くようになりました。私はこの能楽サークルと出会い、まさに故きを温ねて新しきを知ることができ、能だけでなくそれを超えた部分でも新しい知識・価値観を得られていると感じます。また、能自体だけでなく、他大学との合同舞台や、このサークルの先生方をはじめとする能楽師との交流を通して様々な人と出会えることは、非常に刺激的です。皆さんも、大学生活で一味違った価値観に触れてみてはいかがでしょうか。日本文化『能』へのチャレンジ部活動社会学部 3年 久保田 祥子2015年11月撮影MONTUEWEDTHUFRI3限1限2限4限5限7:008:009:0010:0011:0012:0013:0014:0015:0016:0017:0018:0019:0020:0021:0022:0023:0024:002:001:00勉強勉強勉強Social Sciences inEnglish B-2言語社会学特論アルバイト外出地域研究(アジア・アフリカ)社会史方法論教育課程編成論フランス語中級社会政策概論インターンシップキャリアゼミコミュニティ政策論ゼミナール夕食・外出サークルサークル自主練部員で夕食アルバイト現在、ゼミナールでヘルスケア政策・社会政策・社会福祉政策を専攻しています。9月からは、本大学の派遣留学制度を利用しフランスへ留学する予定で、そこではフランス思想の観点から「支援」や「人権」について研究するつもりです。もちろん、能の魅力を現地の方々に発信するチャンスだとも考えています。社会哲学勉強外出・勉強・読書等

元のページ 

page 36

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です