一橋大学 大学案内2018
35/58

33※本制度の派遣学生はオックスフォード大学ではセント・ピーターズ・カレッジ、ハーバード大学ではハーバード・カレッジ、ケンブリッジ大学ではペンブローク・カレッジに所属します。学際・国際交流 大学紹介学生生活入学希望者向け情報教育・研究 将来グローバルな環境で働くことを目指す学生を対象とし、海外のビジネスシーンで必要となるスキルや異文化マネージメントなど、海外で実力を発揮しグローバルに活躍するために求められる様々な能力の向上を目的としたプログラムです。マカオからの学生と共に「グローバルな人材の育成」を目的とした授業を2週間受け、後半の2週間は、日本の他大学の学生と授業を受ける他、企業訪問やチームプロジェクトに参加します。モナシュ大学グローバル・プロフェッショナル・プログラム【オーストラリア メルボルン】〈夏季〉 マドリードに拠点を置くスペインの商社Bergéで、一橋大学生とスペイン人学生との合同企業研修(英語)を通じ、「アウェーで実力を発揮できる自信」を身につけます。スペイン企業研修【スペイン マドリード】〈春季〉 マレーシア工科大学において、マレーシア人学生のバディと一緒に、マレーシアの経済社会について実践的に学習した後、隣国のシンガポールに移動し、シンガポール経営大学の学生と課題解決型のグループワークに参加します。現地の学生や地域の方々との交流を通じて、異文化コミュニケーション能力の育成を目指します。国際共修プロジェクト型研修【マレーシア・シンガポール】〈春季〉香港中文大学【中国 香港】〈夏季〉 香港中文大学の3週間サマープログラムで世界各国からの学生と中国語研修を受講した後、香港中文大学生と共同で1週間、企業から与えられた課題に取り組む課題解決型(PBL型)プログラムに参加します。異文化コミュニケーション能力を鍛えながら、チーム・ビルディングを体得するとともに、現地ビジネスの多様な視点や感覚を通して実践的なビジネス・スキルを学ぶことを目指しています。短期海外研修一橋大学では「国境をまたぐ能力育成プログラム」として、夏季・春季休暇中に約1ヵ月間の短期海外研修を実施しています。休暇中に約1ヶ月間の海外語学研修を実施しています。海外語学研修 授業休業期間(夏季・春季)中に、約4週間、海外の大学付属語学学校で英語を学ぶプログラムを開講しています。平成29年度は夏季・春季合わせて15コースが設けられました。米国(スタンフォード大学、ペンシルヴァニア大学等6大学8コース)、英国(サセックス大学等3大学3コース)、豪州(シドニー大学等4大学4コース)より選択可能です。海外語学研修(英語) ドイツの西、アーヘンで四週間を過ごしませんか。オランダ、ベルギーと国境を接し、フランスにも近い。8世紀末にフランク王国のカール大帝が王宮をおいて事実上の首都となり、歴代のドイツ王、神聖ローマ皇帝が大聖堂で戴冠式を行った歴史の街です。誰もがまたドイツに来たいとの思いを抱いて帰国する、優れもののドイツ語研修プログラムです。ドイツ語短期海外語学研修【アーヘン語学アカデミー】〈夏季〉 一橋大学が目指す「スマートで強靭なグローバルリーダー」を育てるための留学制度のひとつが「グローバルリーダー育成海外留学制度」です。ハーバード大学、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスという世界有数のトップ校に毎年それぞれ1名を半年から1年程度派遣します。派遣のための授業料等は本学が支援。世界中から集まるグローバルリーダー候補生たちと切磋琢磨し、国際社会に羽ばたく力を身につけてください。グローバルリーダー育成海外留学制度 一橋大学には、海外の学生交流協定校との1年間の交換留学を主とする「海外派遣留学制度」があり、この制度を利用した数多くの先輩達が海外で勉強し、卒業後、社会の第一線で活躍しています。これらの学生交流協定校への交換留学に際しては、留学期間中も一橋大学に授業料を納めることになりますが、留学先の大学の授業料を納める必要はありません。また、一橋大学の同窓会である一般社団法人如水会、明治産業株式会社及び明産株式会社からの寄付による奨学金を備えており、留学を志す学生にとって大変魅力的な制度です。海外派遣留学制度国際教育センター・国際課webサイト http://international.hit-u.ac.jp/【奨学金内容は変更する可能性があります】一橋大学海外派遣留学制度 平成28年度派遣実績人数派遣先大学協定校109人往復航空運賃・海外保険相当額、地域別に定めた滞在費奨学金内容グローバルリーダー育成海外留学制度 平成28年度派遣実績人数派遣先大学ハーバード大学1人ケンブリッジ大学ペンブローク・カレッジオックスフォード大学セント・ピーターズ・カレッジ

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る