一橋大学 大学案内2018
28/58

26 商学研究科には、原則として修学期間が5年間の研究者養成コースと、2年間の経営学修士コース(MBAの学位が取得できるコース)の二つのコースがあります。 研究者養成コースは、精深な学識を養い、専攻分野における研究能力を培うことを目的とし、修士課程(2年間)とそれに続く博士後期課程(3年間)からなります。修士課程では、専攻分野を中心に多くの授業を履修して研究者としての基礎を固めつつ、修士論文を作成します。博士後期課程では、各自の研究対象に応じていくつかの授業を履修しつつ、2年次以降は論文指導委員会の指導の下、博士論文の完成に向けた研究と論文執筆に注力します。博士号取得者のほとんどは、大学教員として我が国の商学・経営学分野で活躍しています。 経営学修士コースでは、高度の専門性を要する職業に必要な能力を養い、体系的理論的に裏付けられた確固たる分析力を持つ実業家を育成することを目的としています。カリキュラムは、修士号を持つ実業家として不可欠な基本知識を提供する「コア科目」、タイムリーな知識や高度なテクニックの習得を目指す「選択科目」、経営に関する古典を読み解くことで深い思考と広い分野の獲得を目指す「古典講読」(1年次必修科目)、問題関心を共有する指導教員・学生と議論を重ねながら各自の研究テーマを掘り下げるワークショップ(2年次必修科目)から構成されています。修了者は国内外の企業の第一線で活躍しています。研究や企業の第一線で活躍する人材を育成するGraduate School of Commerce and Management Graduate School and Research Institute商学研究科大  学  院   研  究  所研究者養成コース専修コース 経済学研究科のカリキュラムは、基礎的な段階から高度な内容に至るまで、段階的に経済学の勉学ができるように、コア科目を中心として編成されています。 修士課程は、研究者養成と修士専修の二つのコースからなっています。修士専修コースの学生に対しては、「修士専修コースの専門職業人養成プログラム」が提供されており、「公共政策」、「統計・ファイナンス」及び「地域研究」の三つのプログラムにおいて、実践的な指導の下でそれぞれの分野の系統科目を履修して、修士学位を持った専門職業人を育成することを目的としています。 博士後期課程に進学する学生には、進学資格試験(Comprehensive exam)を実施しています。その意図は、研究者の道を歩むのに必要な学力を備えているかどうかを客観的に評価することにあります。また、博士後期課程の学生が、できるだけ早く博士の学位を取得できるように、制度の整備を進めています。特に、リサーチ・ワークショップの拡充、博士論文指導委員会の設立、博士論文計画書の提出義務化などにより、論文提出のインセンティブを高めています。専門的な知識と高度な分析能力を備えた有為な人材の育成Graduate School of Economics 経済学研究科経済学研究科■商学研究科■経済学研究科■法学研究科■社会学研究科■言語社会研究科■国際企業戦略研究科■法科大学院■国際・公共政策大学院■イノベーション研究センター■経済研究所専門職業人養成プログラム■公共政策プログラム■統計・ファイナンスプログラム■地域研究プログラム商学研究科経営学修士コース■経営・マーケティング専攻 ・経営講座  ・マーケティング講座 ・ビジネス・エコノミクス講座 ・イノベーション講座  ・産業文化講座■会計・金融専攻 ・会計講座 ・金融講座 ・経営基礎科学講座研究者養成コース主に研究者を目指す・

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る