一橋大学 大学案内2017
18/56

16社会学部の概要多彩な開講科目、個性的な教員を擁する、社会科学の総合学部 一橋大学の社会学部は、国立大学法人の中でただひとつの社会学部です。その英訳名Faculty of Social Sciencesが示すように、社会諸科学の幅広い総合を目指す「社会科学の学部」であり、「社会学(ソシオロジー)」に限定された学部ではありません。もちろん社会学は多様で広範な領域を含み、社会学部の大きな柱のひとつですが、社会学部ではそれ以外にもたくさんの学問を学ぶことができます。 もともと商法講習所以来、一橋大学は、商学や経済学を起点としながらも、社会や人間、歴史や文化といった多様な領域に目を向けることで、常に広い視野をもち多様なアプローチを通じて問題に取り組むという独自の学風を作り上げてきました。「社会科学の総合」という本学の理念を象徴するこの独自の学風を、社会学部は研究・教育におけるもっとも大切な要素として受け継いでいます。 社会学部の組織は六つの研究分野(社会動態、社会文化、人間行動、人間・社会形成、総合政策、歴史社会)をベースに編成されており、教員はそれぞれの研究分野に属して教育研究活動を行っています。多彩な開講科目、個性的な教員、少人数のゼミナールによる濃密な教育が社会学部の最大の特徴であり、女性スタッフ、また女子学生の多いことも特色です。 教育に懸ける社会学部の熱い思いは、『社会学部履修ガイド』の発行にもよく現れており、多彩な講義群の中からどんな講義をどのように履修したら良いのかをアドバイスするこの小冊子は、学生諸君に好評をもって迎えられています。 国際的に開かれた学部である社会学部は、教員も学生も海外とのつながりが深く、外国人留学生や、在学中に海外に留学する学生がたくさんいます。 また、社会学部は総合性、専門性、人間性、国際性といった基盤的能力の育成を通じて、企業人、公務員だけでなく、ジャーナリスト、教員、研究者など、多方面で活躍する人材を数多く輩出しています。 社会学部は現実への批判的関心と、旺盛な知的好奇心を持つ、個性的な学生を歓迎します。社 会 学 部Faculty of Social Sciences

元のページ 

page 18

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です