一橋大学 大学案内2018
14/58

12商学部の概要 商学部は、一橋大学の輝かしい歴史と伝統の中心に位置する学部です。商学及び経営学の分野は、旧制東京商科大学の時代から一橋大学における研究と教育の中核を成してきました。商学部の教員による研究活動は、長年にわたって学界の最高水準に位置していると言っても過言ではありません。また、商学部の卒業生たちは、日本の産業界に多大の貢献を成してきており、一橋大学の名声を大いに高める原動力となってきました。商学部卒業生は、キャプテンズ・オブ・インダストリー(産業の総帥)の伝統の下、実業を中心に幅広く活躍しています。一流優良企業のビジネスパーソンを中心として、公認会計士やコンサルタントなどの専門職に就く者、また最近ではベンチャー企業のエグゼクティブとして活躍する者もいます。商学・経営学領域における最高水準の研究・教育活動を背景として、卒業生の中には商学・経営学系の大学教授になる者も少なくありません。 商学部は実践志向とアカデミズムと国際性を兼ね備えています。商学部は、産業界・金融業界等から多数の寄附講義をいただき、学部学生に実業の世界に近い知識をふんだんに提供しています。また世界に通用する研究教育拠点として、この領域における最先端の研究も進められています。このように活発な活動を行っている商学部には、全世界から多数の留学生が集まり、日常的に外国の友人と相互作用する機会も豊富に備わっています。 商学部で学生が学ぶ内容を簡単に表現するなら、「ビジネスに関連する社会科学」と言うことができるでしょう。ビジネスに関連した現象を様々な角度から理論的に解明するために、経済学や経営学、会計学、歴史学、社会学、心理学など多様な社会科学の学問を理論的にしっかりと幅広く学び、現実世界の解明へと応用していくのが商学部における教育・研究の特徴です。これらをしっかり学ぶが故に、商学部での教育を通じて、理論的に深く考える能力が身に付き、それがビジネスの世界で生きていく上で非常に役に立つことになるのです。ビジネスの世界で役立つ理論的思考能力を身に付ける商 学 部Faculty of Commerce and Management

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る