一橋大学 大学案内2017
10/56

一橋大学商学部経済学部法学部社会学部8学部教育の特色5年一貫教育「ビジネスや調査・研究」の世界で役立つ理論的に考える能力を身に付ける社会科学の研究総合大学 一橋大学は、日本で最も伝統のある社会科学の研究総合大学として、常に学界をリードしてきたという長い歴史と実績並びにこの伝統を受け継ぎ、人文科学を含む広い分野で、新しい問題領域の開拓と解明を推進する豊富な教授陣に恵まれています。自由な学部間履修、ゼミナールを核とする少人数精鋭教育 一橋大学では、学生がそれぞれ所属する学部(商学部、経済学部、法学部、社会学部)が開設する科目だけでなく、所属学部以外の各学部の開設科目を自由に履修することができます*。例えば、商学部所属の学生が、自身の学修計画に従って経済学部開設の科目を履修することが可能です。 このような学部間履修の垣根が低いという特徴を活かして、経済学部と法学部では、双方の学部の専門領域をより効率的に習得するために、必要とされる最低要件を明確にした「経済学・法学副専攻プログラム」を設置するなどして、他学部の学問体系を習得することを奨励する試みが行われています。 また、学部教育の特色として、一橋大学の伝統であるゼミナールを核とする少数精鋭教育が挙げられます。ゼミナール制度は、一橋大学が日本で最初に導入したものであり、必修であることと、平均7~8人程度の少人数で行われているところが他大学とは異なる特色です。このゼミナール制度を軸として、学生が日々新たな発見と感動を得られるような教育を実践しています。*例外となる科目があります。 近年、グローバル化が急速に発展し、国が政策で、企業が戦略で、国境を超えて競い合う時代、一人ひとりに求められる専門性は飛躍的に高まっています。社会は高度な専門性と深い思考力を持った人材を必要としているのです。 このような現実を背景に一橋大学では、商学研究科で「5年一貫教育プログラム」、経済学研究科で「5年一貫教育システム」を実施しています。これは選抜された学生が、学部3・4年次から学部科目のほかに大学院科目も先取りして履修することにより、学士号に加えて、通常より1年早く修士号も取得できる仕組みです。5年で修士課程まで終えるのは決して容易なことではありませんが、優れた能力と強い意志を持つ学生には大きな可能性と機会を提供しています。Undergraduate Course学部教育

元のページ 

page 10

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です